商品名、蔵元名、原料名を入力して下さい。 ※当店の表示価格は全て税込表示となっております。

お問い合わせ


カテゴリー
焼酎
ゴールドメダル受賞記念
田中一村 生誕110年
維新館 期間限定セット
明治維新150周年
季節限定焼酎
数量限定商材
鹿児島限定販売焼酎
芋焼酎
麦焼酎
黒糖焼酎
紫芋焼酎
焼き芋焼酎
紅芋焼酎
白豊芋
安納芋
ジョイホワイト
木樽蒸留
THE-SATSUMA!
ラムコーク黒糖焼酎版
ブラジル+奄美カクテル
宇宙焼酎
なまずVSうなぎ
蔵の師魂
奄美黒糖焼酎の日
酒造で選ぶ
朝日酒造
奄美大島開運酒造
奄美大島酒造
奄美大島にしかわ酒造
奄美酒類
出水酒造
岩川醸造
植園酒造
宇都酒造
大石酒造
太久保酒造
大山酒造
大山甚七商店
オガタマ酒造
沖永良部酒造
鹿児島酒造
神川酒造
神酒造
喜界島酒造
霧島町蒸留所
上妻酒造
小牧醸造
小正醸造
相良酒造
佐多宗二商店
薩摩金山蔵
さつま司酒造
さつま無双
佐藤酒造
軸屋酒造
白金酒造
白玉醸造
新平酒造
大海酒造
高崎酒造
田崎酒造
種子島酒造
田村合名
知覧醸造
富田酒造場
中俣合名
中村酒造場
西酒造
西平本家
西平酒造
原口酒造
東酒造
日當山醸造
吹上焼酎
町田酒造
松崎酒造
丸西酒造
八千代伝酒造
大和桜酒造
山元酒造
弥生焼酎醸造所
四元酒造
若潮酒造
食品
梅酒・リキュール類
ギフト商品
水(海洋深層水-温泉水)



ご注意

・お酒は20歳になってから。

・飲酒は適量を。

・飲酒運転は法律で禁止されています。

・未成年者の飲酒は法律で禁止されています。

・妊娠中や授乳期の飲酒はお控えください。

・ご入金や当店からのお知らせ等、2週間以上お客様と連絡が取れない場合は自動的にご注文をキャンセルさせて頂きますので、予めご了承下さい。

・包装・梱包につきまして
山元酒造
山元酒造

  整列 : 最低価順 最高価順 新商品順 商品名順  
商品比較

【鹿児島限定】「芋長期貯蔵酒」維新の煌(いしんのきらめき) 25° 900ml -芋焼酎-
厳選したさつまいも「コガネセンガン」を原料に、黒麹、甕仕込みと手造り工場で丹念に造り込まれたにごり焼酎。
販売価格 1,620円
【鹿児島限定】「本格芋焼酎」吉之助(きちのすけ) 25° 1800ml -芋焼酎-
山元酒造の農業法人「焼酎蔵ファーム」で栽培した新品種「シルクスイート」を使用し、黒麹で丹念に仕込み造り上げました。
販売価格 2,484円
【鹿児島限定】「本格芋焼酎」吉之助(きちのすけ) 25° 900ml -芋焼酎-
山元酒造の農業法人「焼酎蔵ファーム」で栽培した新品種「シルクスイート」を使用し、黒麹で丹念に仕込み造り上げました。
販売価格 1,404円

「黄金千貫・農林二号使用」さつま五代復刻版(さつまごだいふっこくばん) 25° 1800ml -芋焼酎- 「25年振りにオレンジ包装紙復活!」
原料芋に黄金千貫と農林二号を使用。
販売価格 2,160円
kupikupi Imo Shouchu(くぴくぴいもしょうちゅう) 25° 720ml -芋焼酎-
女性向け薩摩焼酎(いも焼酎)1万本限定!!
販売価格 1,382円
さつま五代原酒 化粧箱入(さつまごだい) 37° 1800ml -芋焼酎-
芋焼酎本来のコクと香りを持つ「五代原酒」。
販売価格 3,187円

さつま五代原酒 化粧箱入(さつまごだい) 37° 900ml -芋焼酎-
芋焼酎本来のコクと香りを持つ「五代原酒」。
販売価格 1,576円
特撰 さつま五代(とくせん さつまごだい) 25° 1800ml -芋焼酎-
甘みが程良い味わいと、フルーティーな香りが特徴
販売価格 2,674円
特撰 さつま五代(とくせん さつまごだい) 25° 720ml -芋焼酎-
甘みが程良い味わいと、フルーティーな香りが特徴
販売価格 1,234円

さつま赤五代(さつまあかごだい) 25° 1800ml -芋焼酎-
「紅あづま・頴娃紫使用 」紅芋ならではの華やかで上品な香り!、口に含むとやさしい甘さ、芳醇な旨味が膨らみます。
販売価格 2,417円
さつま赤五代(さつまあかごだい) 25° 900ml -芋焼酎-
「紅あづま・頴娃紫使用」紅芋ならではの華やかで上品な香り、口に含むとやさしい甘さ、芳醇な旨味が膨らみます。
販売価格 1,265円
農林二号(のうりんにごう) 25° 1800ml -芋焼酎-
農業法人「焼酎蔵ファーム」で栽培された幻の品種「農林二号」を使用し、冠嶽山の伏流水で仕込み布濾しした山元酒造の逸品。
販売価格 7,817円

1 2

 大正元年(1912年)創業。川内で焼酎造りをはじめて90余年、焼酎の発祥の地「川内市」に恥じぬ伝統の味を現代に伝え、素直に「旨い」と喜んでいただけるような焼酎造りを目指している。現在の川内市五代町に工場が移されたのは、昭和48年のこと、創業以来ずっと醸し続け ている山元酒造の代表銘柄「さつま五代」はこの地名にちなんだものだ。年間生産石数は2万石を越える大手に属する焼酎蔵だが、1985年、創業当時の「今昔の焼酎屋・手造り工場」を移築。もちろん、建物と甕は創業当時のもののまま。理由は”蔵ぐせ”を継承するのが目的だった。

 山元の焼酎(さけ)を支えるのが、この「冠嶽山(かんむりだけ)」の伏流水である。数十年 の歳月を経て浸透した山水は、その過程で地中のミネラル分を吸収し、絶妙な味わいを生み出 すという。地底200mまで掘り下げた井戸からくみ上げられ、焼酎造りの仕込み水や割り水 にふんだんに使用。実は山元酒造の工場がある五代町より約20km離れたところに位置し、 毎日60KL以上を運んでいるという拘りよう。

 山元酒造の焼酎造りを担っているのは昭和46年生まれの工場長兼代表の山元隆功氏。 東京農業大学の醸造科を卒業後すぐに焼酎造りに携わり、現在工場の全てを管理している。こ の道に入るのに迷いはなく、「家業である焼酎造りは、小さい頃から手伝いをしてましたから、 幼心に焼酎造りをしたい」と思っていたという。現在、山元酒造の焼酎の作り手は平均年令3 0前後という若手スタッフで構成されている。長年焼酎造りに携わってきた杜氏・蔵人達と一 緒に焼酎を造ることによって、匠の技を五感で習得し、継承していく。そのリーダーである隆 功氏、自信を持ってこう断言する「山元の焼酎(さけ)のレベルを向上させ、日本一の焼酎を 目指す」新しい歴史と伝統をつくり出そうとしている”若き山元酒造”大いに期待したい。

▲1985年、創業当時の「今昔の焼酎屋・手造り工場」を建物と甕をそのままに移築。ここでは 米を甑で蒸して、手作業で種麹をつけ、かめ壺で1次、2次とも仕込む。また木の香りが焼酎 にほどよく移る木桶蒸留機であの「さつまおごじょ」を醸す。聞けば「酒造りの心を失わない ために、わざわざ昔ながらの伝統ある手造り蔵を移築したという」。


▲黄金千貫

契約農家より運ばれてきた黄金千貫。今年の芋は隆功氏のように!?太っています!(^^;
▲ひみつの部屋”麹室”

旨い焼酎造りは、麹造りから。まず蒸した米を、冷やしてから種麹菌をふりかけ、麹室へ入れる。これを布で覆って、 30度くらいの麹室で、一定時間ごとにもんだりほぐしたりするなどの作業をしながら増殖させる



  会社概要 | 利用ガイド | 利用約款 | 個人情報保護法 | 特定商取引法   トップページ 上へ
Copyright(c)2018 芋焼酎販売の焼酎維新館, All rights reserved.